【🌿ガステリア部屋2号室】【 新・多肉コミュ 】 コミュニティ

トピックテーマ

🌿ガステリア部屋2号室

2019/07/24
.
みなさんお持ちのガステリアはどぉしてますか?

梅雨も明け、これから暑くなります。
種類にもよりますが、生育スピードも鈍って来ます。

過不足の無い水やり、適宜な遮光・通風をお願いします。

迷った事はコメントにUPするのをお勧めします。
みなさんで考えましょう。
.

コメント

 1   2   3   4   5  次へ>>

最新20件を表示

136 2020/02/29
まままのマ
笠間のまーさん、湯島先生ありがとうございます🙇‍♀️
ガステリア臥牛にとってはなんでもないのですね❗️根っこが見えて調子が悪くなったらイヤなのでそのままにしておきます😊
市販のサボテン土から今の土に植え替えてから元気になったので植え替えしなくてもいいなら良かったデス😆
137 2020/02/29
まままのマ
斑入りの臥牛さんが欲しくて昨日購入したんですがみょ〜んと伸びてる下葉もぎって葉挿しに挑戦すればよかった😅植え付けたのでそのまま様子見デス💦
138 2020/03/01
湯島臥牛
ガステリア属の素敵な特徴として、途中で切れた葉でも発根・発芽します。
手で葉をもぎってそのまま挿しても良いし、葉の真ん中からちょん切って切り口を乾かして挿しても根・芽を出します。

いずれも土中へ深く挿さず、切り口にわずかに土が乗っかるくらいが良いと思います。


「若い葉でないと葉挿ししても発芽しない」と言う人がいましたが、それはフェイクニュースです。
下葉でも元気そうな葉でしたら葉挿しは十分可能です。。

会員のぼうそうさんが現在葉挿しを行っておられますので参考になさると良いと思います。


ただし、発根はしても発芽にゃなかなか月日がかかります。
芽が出るまで数か月を要することもしばしばです。

小生の意見じゃ斜めに出た一番下の葉も「一つの味わい」として愛でるのも一興かと。

でも、繁殖させたいなら葉挿しにチャレンジなさるのも意義のある事です。

ただ、出芽した子株は無斑の場合も(いわゆる”斑抜け”)、斑回りの悪い”ベタ斑”や”全斑(葉緑素が無い)”の場合もあることは覚悟しておいた方がよろしいかと。
139 2020/03/01
ぼうそう
こんにちは。
日記にも書きましたが、葉挿しをして七カ月になりました。

3枚やりましたが1枚は枯れてしまいました。1枚は2カ月目に発芽しましたが、もう一枚は先月発芽しました。

一年でどれだけ成長しますかね~~・・・
140 2020/03/02
はーとねこ
葉挿し、根気がいりますね。
はーとねこには、無理かも。
141 2020/03/02
笠間のまーさん
3月中にガステリアの葉挿しに初チャレンジしたいと思っています。

植え替え時にダメ元でハオルチアの葉挿しは何度か経験があります。
硬葉系ハオルチア(十二の巻・天使の泪)10枚位試してみましたが成功率0%。
軟葉系ハオルチアは発芽成功率40%位だったと思います。

葉挿しに使用する土なのですが、3つの内どれが一番適切でしょうか❓

①いつも植え替えに使っている培養土に表面のみ細粒赤玉。
②バーミキュライトの土細め100%。
③細粒赤玉100%。

お気に入りのガステリアなので繁殖させたいと思っています。
142 2020/03/02
湯島臥牛
挿し木・葉挿しに適してる土は

〇清潔であること 
〇ある程度の保水性があること
〇透水が良好で通気があること

この要素が要求されると思います。

まず、「①いつも植え替えに使っている培養土に表面のみ細粒赤玉」ですが、腐葉土・ピート・バークチップなどの有機材料が含まれてるものは腐敗菌が増殖し易いので、たとえ表面に単用の土を敷こうと挿し木・葉挿しの用土としては不向きです。

表面の土の極小の孔隙が毛細管現象で下層のブレンド土の溶液を吸い上げ、気温の上昇と共に挿し葉の切り口付近が”腐敗菌天国”と化す恐れがあります。

「②バーミキュライトの土細め100%」

バーミキュライトは「蛭石(ひるいし)」を焼成加工したもので、保水・透水ともに良好で菌類などはほとんど付着してませんので「挿し床」にゃ向いてると思います。

「③細粒赤玉100%」

保水性は抜群で、それゆえ昔サボテン多肉植物の用土の主役の座を川砂から奪った経緯があるほどです。

赤玉土は弱酸性を呈し、灌水しても表面に雑菌が繁殖しにくい特徴があります。

もっとも、鹿沼土はそれより強い酸性を示し、ツツジ・サツキなどの挿し床に使用されるので、多肉植物にも使用可能。赤玉土より殺菌力は優れてると思います。

また、保水力と透水性・通気性という相反する要素を共に満たしてる材料にミズゴケがあります。

小生はガステリアをミズゴケ植えにすることを奨励してる者ですが、挿し床としては時々霧吹きする手前 湿気が強過ぎて切り口が腐敗する可能性が高いと推測されます。

なお、ミズゴケに水を含ませると弱酸性を呈し、内部は腐敗しにくくなります。

このように単用の赤玉土は挿し床として優秀なのですが、③の細粒というのがマズいように思います。

粒子が細かくなると保水性は良くなるのですが、粒が小さければ小さいほど間隙の通気が悪くなり、シリンジ(霧吹き)する関係上、過湿状態が長く続き切り口が湿気ます。
やはり赤玉を使用するなら中粒にすべきです。

また付け加えますと、挿し葉をする時期は、通常その種類がこれから生育を開始しようとする直前か、少なくとも生育期間の前半に行うべきで、休眠期前に敢行しても成績は良くありません。

ガステリアの場合、酷暑と最低気温が25℃以上の熱帯夜の時期は休眠しますので、少なくとも5月前半にゃ終えたいものです。
やはり葉の勢いのある初動期は発根にとっては大切で、芽の出るのはずっと後になると思われます。

あとは葉の乾燥・萎縮と発根の競争で、出芽はホルモン作動に委ねられます(もちろん発根も発根ホルモンで行われる)

そのためにゃある程度の光量と用土の湿気が要求され、遮光と定期的な霧吹きによる湿度の保持が必要です。

これは種により個体差によってまちまちで、定量的にどのくらいとは言えません。
それは経験により身に付くものと確信するものです。
144 2020/03/04
湯島臥牛
「白馬の輝き×臥牛系」ハイブリッド ’20.3/4撮影


原種の臥牛じゃありませんが、昔ガステリアファンの間で普及した「白馬の輝き」(一部の地域だけだったも)https://greensnap.jp/greenBlog/4998933

どうやらそれに重ねて臥牛系を交配した種らしい。
もっとも、仕入れた業者自体はっきりした素性を知らないようです。


特徴はこれ以上大きくならないみたいです(現在・約5㌢)
購入して1年になりますが、葉渡り横幅はそのままで根元に子吹きしました【写真2枚目】

このハイブリッドは強い群生型なんでしょう、コミュ会員さんへ送った姉妹株も大きさはそのままで去年のうちに子吹きしてました。

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_image_slideshow&...

問題は【写真3枚目】のカキ子。

不思議な事に【写真1枚目】の▢枠のように成長点から出現。

本来はこの位置から新葉が出て来る筈。
この部位から子株が出芽するなど初めて見ました。

そういえば去年は変な年で、隣りに設置したハオルチア専用フレームの玉扇が石化(モンストローサ)を起してます。

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...

ひょっとして、この「白馬の輝き×臥牛系」の成長点異常もアレに連動して起こったのか。

そういえばあのモンストの直前にウチの近所で落雷があったんです。
その稲妻の枝が直撃したのかも。くわばらくわばら。



去年の春に日記で紹介した(サムネイル写真・中)

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...



.
145 2020/03/06
はーとねこ
シロちゃん、紹介いただきありがとうございます。
シロちゃんの新しい葉、早く見たいです。
146 2020/03/07
湯島臥牛
はーとねこさんへ。

ガステリアは種類にもよりますが、最低気温2~3℃以上で最高気温20℃以下(温室フレーム室温30℃以下)の時に十分灌水する事と古い専門書にあります。

はーとねこさん家は夜間室内なので、昼間(育成ライトの場合は夜でも可)にコンスタントに20℃を保てるかどうか、ですね。

もちろん遮光された日光(軟光線)を長時間当てるのがベストですが、それが無理なら夕方に遮光した西日を当てて下さい。

これからは西日の当たる場所へ出してお仕事へ出て、夜は霜に注意しながらベランダにそのまま置いといても凍害は無いでしょう。

ガステリアはサボテンほどじゃないですが、やはり光量が少ないと徒長します。
足りない分は育成ライトで補って下さい。

ただし、これから暖かくなりますから、あのデカい昼色光のライトは出来るだけ植物から離して照射して下さい。
表面が熱くなり過ぎてヤケドしちゃいます。

なお、最初に送った青色の植物育成ライトは近くても熱を持ちませんので従来通りでいいです。
147 2020/03/08
はーとねこ
臥牛さん。
こちらを参考にして、ベランダ栽培に2020、3/7変更したのですが、ちょっと早かったみたいですね。
もう少し用心してみます。
今日の神戸の気温は、10〜12度に予想されていました。
もうすぐ、もっと春らしくなりますね。
多肉の成長期の春待ち遠しいです。
新しい葉が見たいです。
148 2020/03/15
湯島臥牛
これからガステリア類を植え替える人のためのまとめ。
(ハオルチアもこれに準じます)

〇調合した用土は新聞紙に広げスプレーで湿らせる。
(写真1枚目)

湿らせる度合いは↓
https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...


〇根を傷めないように出来得る限り丁寧に、且つ乾かさないよう手早く植え替える。
このふたつは相反する要素だが、根にスプレーしながらやる手もある。

ミズゴケの場合も濡らせて軽く絞り、ほぐしながら丁寧に根をくるんでゆく。
根は折り曲げないよう真っ直ぐに植え込む。

〇スプレーの水は3日以上汲み置いた水を使用する。

水道水にゃクロラミン、モノクロラミンなどの残留塩素がある。

金魚・熱帯魚などの観賞魚はこれらの消毒薬を除去しないとエラが侵されて死んじまう(いわゆるカルキ抜き)

もちろん植物の根だって直接次亜塩素酸に触れるとヤバい。

水やりの場合は他の土中のミネラルと化学反応を起こして緩衝作用を生じるのでそんなに神経質になる必要はないが、スプレーの場合はモロだからやっぱ汲み置いて漂白剤・カルキは抜いたほうが安全だ。

ちなみに、寒い日の水やりはぬるま湯をやるべき。


〇枯れて変色した根は軽く指で取り除いても良いが、生きてる根は大切に扱う。

とくに白い新根はこれからの生育を担う主役だから絶対に傷めてはいけない。(写真2枚目・3枚目)
149 2020/03/22
はーとねこ
こんにちは。
みなさんのガステリア は、春を迎えていかがですか。
うちは元気イマイチ。
日記、そだレポに様子載せました。
これから、どのように育てていこうかなと、思案中。
150 2020/03/22
はーとねこ
臥牛さんからコメントいただきました。
うちのガステリア 植え替えして根のチェックをする予定です。
151 2020/03/23
シオノ
はーとねこさんこんばんは。
うちのガステリア はぺっちゃんこから復活しつつあるもの、
植え替えてみたら根が少なかったもの、ふさふさのもの色々です。
はーとねこさんのシロちゃんと兄弟だと思いますが、
20日に植え替えた際の画像です。
152 2020/03/24
はーとねこ
シオノさん。
わー。シロちゃんと兄弟なんですね。
シロちゃんも根をチェックしてみる予定です。
他のガステリア もチェックしたいです。
153 2020/03/24
はーとねこ
シオノさん。
シロちゃんの兄弟さん。
元気そうですね。
154 2020/03/29
はーとねこ
ガステリア 植え替えたいと鉢を水につけていましたが、1日が過ぎ夜になってしまったです。
後日で。
155 2020/03/30
湯島臥牛
はーとねこさん。

乾燥した新しい朱温鉢は激しく水を吸い、また乾くのも速いんです【写真1】
数日あるいは数週間、水に浸して使用します。

ウチなどは半年ばかりバケツの中へ漬けっ放しです【写真2】
水中で苔が生えてるほど😁💦

でもこれには理由があって、朱温鉢の表面にゃ目に見えないほど細かい孔(あな)が無数にあり、素材も素焼き陶器なので吸水・乾燥も急で、サボテン科やメセン科に比べ根の耐乾性が劣るガステリア ・ハオルチア属にゃ若干不向きなのですが、近年の夏の猛暑にゃその気化熱を奪う性質が幸いし根腐れ防止するので小生は初心者の皆さんへお勧めしてます。
もちろん通風の良好な事が前提ですが。

つまり何を言いたいかというと、激しい吸水乾燥の性質を穏やかにするには、新品の朱温鉢より苔や泥で目詰まりした朱温鉢の方がハオルチア・ガステリアにゃ優しいって事です。

微々たる事にお思いかも知れませんが、鉢の選定は春の出たばかりの新根の毛根の生育を左右します。
ある意味これは、土の種類・配合などより重要な事柄です。
徒や疎かにゃ出来ません。
156 2020/04/03
はーとねこ
鉢つけっぱなしOKなんですね。
よかったです。
休日に植え替えます。

最新20件を表示

 1   2   3   4   5  次へ>>

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

4月号テキストこぼれ話 後編「無農薬栽培、病害虫対策はどうするの?」

ハーブの無農薬栽培に役立つ病害虫対策、肥料の施し方などを教えてもらいました。

テキストこぼれ話

『趣味の園芸』4月号がついに発売!リニューアル第1号はハーブを大特集

誌面が大きくなり、読みやすさ、内容がパワーアップ!

テキストこぼれ話

新連載・ディーププランツ入門~4月号こぼれ話<2>

熱川バナナワニ園の清水さんがサボテン以外で思い入れのある「白い植物」を紹介してくれました。

新着日記写真
芽吹き🍀
2020/04/04
それでも 春は...
2020/04/04
シラー・ペルビ...
2020/04/04
春の陽気
2020/04/04
サラダホウレン...
2020/04/04
アマリリス2
2020/04/04
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

NHKテキスト定期購読