トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

バラが降るように咲くアーチ~『趣味の園芸』5月号こぼれ話<後編>

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』テキストの特集内容に関連して、誌面で紹介しきれなかった情報をお届けします。

 

5月号の「音楽を奏でるようなローズガーデン」「デザイナーから学ぶ バラの輝かせ方」に登場したランドスケープアーキテクトの白砂伸夫さん。誌面では横浜の2つのガーデンとその庭づくりの秘訣を紹介しましたが、白砂さんが初めてローズガーデンについて考え、デザインしたのは静岡県熱海市にある「アカオハーブ&ローズガーデン」です。

 

前編では、さまざまな試行錯誤をしてきたこのガーデンについて教えてもらいましたが、後編では、さらにこのガーデンに込められた白砂さんのこだわりを紹介します。

 

20200428こぼれ話_02.jpg

白砂さんの手がけたアーチはバラが降るように咲くのが特徴(撮影:白砂伸夫)

 

バラの立体的表現

 

「ローズガーデンのデザインで、特にバラを表現するためにこだわっているのはバラの立体的な表現です。多くのバラ園のバラはブッシュローズが中心で目線より下に花を咲かせ、バラの花を上から眺める、というのが一般的でしたが、これはバラの一面しか表現していません。バラという植物の本来的な性質はつる性であり、この性質を生かしてバラを立体的に溢れるように咲かせば、降るように咲く圧倒的な感動を生みだせます。」

 

「しかし、つるバラは秋には咲かないのでつまらないという意見もあるかもしれません。基本的にバラの咲く量はバラの枝の量と比例するので、枝の多いつるバラはそれだけ一度に多くの花を咲かせ、低いブッシュローズでは作り出せない感動空間が表現できます。秋はつるバラに期待せず四季咲きのバラを楽しめばいいのです。」

 

「アーチやポールによりバラを高く伸ばすとバラの本来の魅力が引き出せます。この時、注意したいのは誘引の仕方です。アーチの上にバラを這わすのが一般的ですが、それではバラがアーチの上に咲いてしまい、せっかくのアーチの魅力は半減してしまいます。バラはアーチの上から垂れるように咲かすと、バラの花がフワッとアーチから溢れ、アーチをくぐる楽しさが生まれます。そのためには、アーチの間隔を長くして、バラの枝がアーチの下に垂れ下がるようにするのがポイントです。」

 

「また、多くの栽培教本にあるような、しっかりアーチに巻きつける方法では、バラの持つ自然な風情が失われるので、軽くとめる程度のほうがバラは溢れるように咲き乱れ、バラの本来の姿になってきます。そこにクレマチスなどを絡めるとさらにバラは引き立ちます。アーチやポールはバラが上に伸びる支柱程度に考えたほうがいいでしょう。」

 

「120点のローズガーデン」とは?

 

「バラだけで100点を目指すのは、大変な努力が必要であり疲れてしまい、バラを楽しむ余裕がなくなります。『調和』こそが自然の姿であり、バラと他の植物を組み合わせ調和を生み出せればバラの点数は70点でもいいのです。ほかの植物で50点をとれば、合わせて120点のガーデンになります。もちろんそこにつるバラが加わればさらに表現の点数は高くなります。

 

四季それぞれの他の植物と混植することでハーモニーはより豊かに響き、天からこぼれ落ちるようにバラが咲けばローズガーデンは至福の時となります。

 

芭蕉は『松のことは松に習え、竹のことは竹に習え』と言ってます。バラのことはバラに習うのが一番です。」

 

耳を澄ましてバラの言葉をまず聞いて見ましょう。

 

20200428こぼれ話_03.jpg

バラ以外の植物も組み合わせ、自然と調和したガーデン(撮影:白砂伸夫)

 

20200428こぼれ話_04.jpg

バラとそれ以外の植物が立体的に組み合わされて、まさに120点のガーデンに(撮影:白砂伸夫)

 

<終わり>

前編はこちら<白砂伸夫さんが最初に手がけたローズガーデン

 

20200421こぼれ話_pro.jpg

(撮影:竹前朗)

 

白砂伸夫(しらすな・のぶお)

ランドスケープアーキテクト。神戸国際大学国際文化ビジネス・観光学科教授。ランドスケープデザインとガーデンデザインを融合した景観づくりで世界的に活躍。2017年開催の「第33回全国都市緑化よこはまフェア」では統括アドバイザーとして横浜にある3つの庭を再整備し、横浜をバラが咲き誇る名所に変えた。ローズガーデンのデザインにより日本造園学会賞受賞(2018年)。作品集「ローズガーデンデザイン」が世界バラ会連合(WFRS)からLiterary Awardを受賞(2018年)。

 

こぼれ話sp.jpg

テキストこぼれ話」では、『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開しています(毎月2回更新予定)

 

『趣味の園芸』2020年5月号(好評発売中!)

 

202005e_30-31.jpg

5月号では、「音楽を奏でるようなローズガーデン」「デザイナーから学ぶ バラの輝かせ方」の2本の記事で、白砂さんの作曲するようにローズガーデンをつくる方法を紹介しています。

 

202005e_01.jpg

5月号の内容はこちら

 

関連する植物の情報

バラの植物図鑑:ブッシュ・ローズシュラブ・ローズつるバラミニバラ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

『趣味の園芸』8月号はブドウ大好き!!

ブドウ栽培の基本をマスターしておうちでブドウ狩りを楽しみましょう!注目特集はテラリウムの世界。

テキストこぼれ話

8月号テキストこぼれ話前編「ワインづくりは、ブドウづくりから」

越後屋美和さんに、ワインづくりやワイン用ブドウ品種について教えていただきました!

テキストこぼれ話

ヘデラの多様性に驚く!連載「ディーププランツ入門」8月号のこぼれ話

誌面に載せきれなかったヘデラ(アイビー)のおすすめ品種を紹介!

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
クリスマスローズのぬり絵

クリスマスローズのぬり絵

【おうち時間を応援】クリスマスローズのぬり絵とお手本を無料公開中!

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!