トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

この秋絶対植えたい! 球根ベスト3

アリウム・ギガンチウム。5月下旬〜6月上旬に開花。大型種の定番で、直径10〜18...
アリウム・ギガンチウム。5月下旬〜6月上旬に開花。大型種の定番で、直径10〜18cmのボール状につく花は圧倒的な存在感。切り花にしても楽しめる。撮影:福田稔

球根栽培歴65年の園芸研究家、小森谷 慧(こもりや・さとし)さんが選ぶこの秋イチ押しの秋植え球根をご紹介します。

 

*  *  *

 

丈夫で育てやすく種類も豊富

 

11月は、秋植え球根の植えつけ適期。いつもと違う球根にチャレンジしたい人、初めて球根を育てる人におすすめのベスト3は、アリウム、ヒアシンス、スイセン。

 

いずれもおなじみの秋植え球根ですが、根強い人気の定番品種に加え、より豪華な花形、鮮やかな花色を求めて進化した最新品種から、野趣あふれる原種系、原種まで幅広い種類がそろい、選ぶ楽しみが味わえます。

 

また、丈夫で育てやすく、庭に植えっぱなしにして毎年楽しめる点も、おすすめする理由の一つ。一度植えつければ、早春の芽出し、春から初夏の花、花後の葉姿、夏の休眠と、自然のサイクルを毎年演出してくれます。

 

お気に入りの1球を見つけて、さっそく球根を植えてみましょう。

 

アリウム

 

ニンニクやネギの仲間。ネギ坊主に似た花姿と存在感は、初夏の花壇の主役にも。花茎が長い切り花でも人気の大型種から、花茎の短い小型種まで品種が豊富。水はけのよい庭なら植えっぱなしで楽しめる。

06457102019_p058_01

アリウム・ギガンチウム。撮影:福田稔

 

 

ヒアシンス

 

暑さに強く寒さにも強い。豊富な花色と強い香りが魅力。ダッチヒアシンスは球根が分球しにくい。フェスティバルシリーズは丈夫で分球しやすく自然にふえる。原種のローマンヒアシンスは貴重な存在。

 

06457102019_p058_02

ダッチヒアシンス。撮影:入江寿紀

 

スイセン

 

ニホンズイセンをはじめ、秋植え球根の定番。丈夫で育てやすく、初心者にもおすすめ。種類が多く、豪華な八重咲きや、カップがピンク色の品種も人気。個性的な原種系にもチャレンジしてみよう。

 

06457102019_p058_03

‘アプリコット・ホイール’。撮影:丸山滋

 

※それぞれの育て方はテキストに掲載しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2019年10月号より

趣味の園芸 2019年10月号  

2019年09月21日発売 定価 556円 (本体505円)

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!