トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

ソラマメ栽培は冬越し時の草丈が重要!

撮影:栗林成城
撮影:栗林成城

タネまきの時期を守って適切な大きさで冬越しさせ、春になったら整枝(せいし)・摘心(てきしん)。じっくり育てて、初夏にはとれたてのソラマメを味わいましょう。栽培のポイントを、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんが教えてくれました。

 

*  *  *

 

栽培のポイント 1  草丈15〜20cmで冬越しさせる

 

ソラマメは冬に低温に当たることで花芽(はなめ)をつける冬越し野菜ですが、元気に冬越しさせるためには苗の大きさが重要。大きすぎても小さすぎても耐寒性が弱くなり、枯れるリスクが高まります。最も耐寒性が強いのは、草丈15〜20cm。冬越し前までにその大きさに育つよう、タネまき時期を守り、寒さに耐えられる丈夫な苗を作りましょう。

 

栽培のポイント 2  土作りのコツは酸度調整と元肥の化成肥料を半量に

 

ソラマメやエンドウなど、マメ科植物は酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間前までに苦土石灰(くどせっかい)をまいて酸性度の調整をすることが大切です。また、根には「根粒菌(こんりゅうきん)」と呼ばれる菌が共生しています。根粒菌はマメ科植物から栄養分を受け取る代わりに、空気中のチッ素を変換し(チッ素固定)、根に供給する性質があります。そのため元肥(もとごえ)の化成肥料は通常の半分の量でOK。これより多いと、さやの数が減る「つるボケ」になってしまいます。

 

栽培のポイント3 摘心することで実の成長を促す

 

草丈が60~70cmになったら、枝の先端を摘心します。枝の先端あたりに花がついていても、心おきなく切ってしまいましょう。摘心すると茎葉の成長が止まる分、実に養分が回り充実した豆が収穫できます。また、ソラマメの大敵であるアブラムシは、新芽につきやすいので、摘心はアブラムシを発生しにくくする効果もあります。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年10・11月号より

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』12月号は、冬が楽しくなるスター多肉植物&冬の鉢花!

注目のスター級の多肉植物をまとめて紹介!とじ込み付録「花カレンダー」付き

テキストこぼれ話

ブルゲリのタネをまいてみよう!~12月号こぼれ話・後編

conoconoさんに、コノフィツム界のアイドル・ブルゲリのタネまきのコツをうかがいました。

ディーププランツこぼれ話

おもと鉢の世界~連載「ディーププランツ入門」12月号のこぼれ話

前号に続き、万年青をテーマにこぼれ話を紹介!今回は「おもと鉢」の奥深さについて。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
クリスマスローズのぬり絵

クリスマスローズのぬり絵

【おうち時間を応援】クリスマスローズのぬり絵とお手本を無料公開中!

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!